トピックス

トピックス

2019.06.05<リポート>2019年5月31日(金) vs 徳島インディゴソックス 前期10回戦@坊っちゃんスタジアム

5月31日(金)、坊っちゃんスタジアムにて徳島インディゴソックス戦が行われました。

先制したのは徳島IS。早めに1点は返したものの、序盤で4点リードされてしまいます。攻撃では徳島先発・森投手の前に、六回までヒットはわずかに1本のみ。ところが七回、先頭の有間裕亮がヒットを放つと、新井勝也、岡村雄斗、真山勝範と4連打! 暴投や四球などもからみ、この回一挙5得点で逆転しました。1点を守り切り、6-5でパイレーツ勝利! 終盤の鮮やかな逆転劇に球場は大いに盛り上がりました。

0531勝ちマウンド.jpg0531勝ちマウンド1.jpg

四回からリリーフした福田融司のテンポいいピッチングが、七回の逆転劇につながりました。福田.jpg逆転の口火を切った有間裕亮。カウント1ボール2ストライクに追い込まれてから粘り、8球目をレフト前に運びました。

有間レフト前ヒット.jpg有間に続く新井勝也、岡村雄斗もヒットでつなぎ、無死満塁の打席に立った真山勝範はレフト前にタイムリー!

真山.jpg

◆オープニングセレモニー

国歌独唱は、松山市で音楽活動をしている森岡賢一郎さん。

国歌斉唱.jpeg国歌斉唱2.jpg

始球式では、一昨年のえひめ国体・ボクシング成年男子フライ級優勝の嶋田亨さんが投手を、成年男子ミドル級優勝の高橋諒さんが打者を務めてくださいました。

始球式1.jpg始球式2.jpg

◆各賞受賞

グッドプレー賞は、八回九回のマウンドに上がり1点差を守り切った林雄大投手と、4打数2安打1打点と活躍した岡村雄斗選手。

グッドプレー賞.jpeg

pikaraピカイチグラブ賞は、好ロングリリーフの福田融司投手。投手として初のヒーローインタビューでした。

ピカイチグラブ賞.jpgヒーローインタビュー.jpg

---
ページの先頭へ